ホグワーツ 闇の魔術の防衛術の教室    魔法薬学教室   みぞの鏡の部屋

次は、闇の魔術の防衛術(クィレル先生)と魔法薬のスネイプの授業だ。
ここでは、スネイプの魔法薬の授業風景、闇の魔術の防衛術の授業が撮影された。(賢者の石)で撮影された闇の魔術の防衛術の授業がで出てきた、瓶も実際にありました。たぶんあの鏡の置いてあった部屋もここだと思います。撮影撮影地・・・コッツウォルズ   ・ (レイコック・アビー)
アクセス・・・ロンドンからChippenhamまで電車。バスに乗り換えレイコックLacockまで。日曜はバスが運行くしてないので気をつけよう。

 

    ホグワーツ 校庭(飛行訓練)・門・外装

アニックに来ると、すぐにネビル・ロングボトムがほうきに乗って暴走しくぐった門!場内に歩いて行くと、飛行訓練をしたホグワーツ校庭が現われます。その他城内には、『賢者の石』では、ハグリットの小屋につづくホグワーツの門など、いたる所に撮影に使われた場所があります。外庭から見ると、ホグワーツ校の外観にもなってます。
アクセスに不便な所でした。ロンドンからは、乗り換えなしで、最寄りのアニック駅には行けるものの、時刻表には大きく乗っていなく、1日3回程度しか止まりません。さらに、バスに乗り換えます。しかし、アニック場は、ロビンフットや他の映画にもよく撮影地として使われているみたいです。   撮影地・・・アニック城
アクセス・・・ロンドン・キングスクロス駅Kings CrossからAlnmouthまで3時間半。駅前からバスに乗り換え15分位。Alnmouth駅の駅員さんにアニック城について尋ねると詳しく教えてくれました。
(ロンドン発のエディンバラ行きの電車には、Alnmouthにはあまり止まらないので、時刻表でよく確認しよう!)

 

 ロンドン動物園

映画の中で、知らず知らずとは言えハリーが初めて魔法を使った場所!蛇との会話ののち、ガラスが消えてダドリーが中に落ちちゃいましたね!

普段も爬虫類が飼われてる建物の中です。

撮影地・・・ロンドン動物園

アクセス・・・Beker street からリージェンツ・パークRegent's park歩いて行くのもお勧め!歩きたくない人には、274番のバスで

 ホグワーツ  イメージ

ホグワーツの外装のモデルになった城。ハリーポッターもこの城の近くのカフェで書かれたとか・・・
こちらも世界遺産に登録されているだけあって、綺麗な街です。山や丘の上には城や神殿、古き良き街並み、谷になった場所には駅になっていて、列車が入ってくる。個人的には好きな街です。 夏場であれば、ミリタリータテゥーのお祭りはお薦め!チケットは、入手困難です。

撮影地・・・エディンバラ城

 アクセス・・・ロンドンキングスクロス駅Kings Crossからエディンバラ・ウェーヴァリー駅Edinburgh Waverleyまで4時間20分〜6時間